毎月第2水曜 名古屋八事 マイクパフォーマーの楽園

詩のあるからだ
ご注意 ここは旧サイトです。
2011年3月(三代目主催者 若原光彦)までの記録として管理、公開されています。
2011年4月(四代目主催者 はゆ さん)からのメインサイトはmixiコミュニティ
[mixi] 詩のあるからだ http://mixi.jp/view_community.pl?id=5499600 です。
八事オープンマイクの歴史
●2002年11月:葉月之寛さんが「詩のあるくちびる」を開始
葉月之寛(はづきゆきひろ)さんが八事の「POPCORN」でオープンマイク「詩のあるくちびる」を開始。POPCORNさんを紹介したのは榎本初さん。葉月さんは投稿サイト「Verse-Verge」とコンペ「群青詩賞」の管理を行う貫禄の人物……とびびっていたが、実際にお会いしてみると福山雅治に似たハンサムなさらっとしたお兄さんだった。

●2003年6月ごろ(うろおぼえ):「よみくらべスラム」開始
反逆のポエトリーアイドル、桑原滝弥さんの発案によって「よみくらべスラム」が開始。出場者がみんな同じ詩を読み、いちばん票を得た人が1位、POPCORNの割引券が贈られるというゲーム。女性の底力、方言使いの強さ、演劇経験者の炸裂など、小手先ではなくその人自身が問われる名物企画だった。

●2004年2月ごろ:葉月さん爆弾発言
葉月さんの爆弾発言あり(個人の情報なのでここでは書けません。悪いことじゃないよ、良いことだよ)。生活環境が変化するため、次回で「詩のあるくちびる」は終了するとのこと。驚天動地のお客さんたち。

●2004年3月:最終回?
「詩のあるくちびる」最終回。しかし葉月さんの到着は遅れ、その間、はゆさんが司会を代行。主役は遅れて到着し、花束をもらい涙を見せた。せっかくこんないい場があるのに、このまま終わってしまうのはもったいないね、という声が誰からともなくこぼれる。はらだよしひろさんが主催者の引き継ぎを申し出た。

●2004年4月:「サランサラム詩のあるくちびる」開始
韓国語で「愛の人」を意味する「サランサラム」という名を冠し、「サランサラム詩のあるくちびる」として再スタート。はらださんの持つタフさ、たくましさが場をあたたかく方向づけていった。

●2004年8月:「Poets On The Road 04」と共催
京都のちょりさん主催による、詩の全国4箇所ライブツアー「Poets On The Road 04」、その愛知開催と「サランサラム詩のあるくちびる」が共催。前半はオープンマイク「詩のあるくちびる」、後半は「Poets On The Road 04」というスペシャルナイトとなった。

●2004年10月:はらだよしひろさん、転居
「サランサラム」主催者であるはらだよしひろさんが、1月から名古屋を離れると報告し、新しい主催者を募集。数日後、若原光彦が名乗り出た。

●2004年11月:「サランサラム」最終回
遠方よりロボウティーさんが来場、翌日はイサムさんの誕生日という親しげな空気のなか会は終了した。おつかれさまでした。

●2004年12月:「詩のあるからだ」開始
そして、これからです。

若原光彦 2004-11-14

もどる   TOP